一般社団法人 日本花き生産協会

花き日持ち性向上対策

農林水産省 平成28年度国産花きイノベーション事業
花き日持ち性向上対策実証事業 について

日本花き生産協会は、共同実施機関であるJFTDとともに平成28年度花き日持ち性向上対策実証事業の実施主体として、花き日持ち性向上対策に取り組んでいます。

目標: 日持ち性向上対策をリアリティのある制度へ

  • 研究・開発との緊密な連携
  • 明確でわかりやすい日持ち保証制度の構築
  • 消費者、生産者及び生花店にとってメリットがある制度の構築

→用途別に適した出荷規格、物流のマニュアル化により販売店にとっての購入、販売ロスの低減、産地ブランドによる価値の向上
→用途別に適した日持ち等の機能性を活かした花きの活用の推進

img1

花き業界が取り組む日持ち性向上対策
生産管理からお客様までの一貫した日持ち性管理

img2

平成28年度花き日持ち性向上対策実証事業 体制図(役割)

研究機関から生産者、市場、花店がそれぞれワーキンググループに分かれ日持ち性向上を阻害する要因をあぶり出し、対策案を策定します。

img3

日本花き生産協会ならではの 品目別部会が取り組む日持ち性向上推進体制

img4

持続可能なコストをかけないシステム構築生産協会の生産管理基準認定制度案

img5

日持ち性向上実施事業 関係者ログイン