一般社団法人 日本花き生産協会

平成29年度花き日持ち性向上対策実証事業の実施について

当協会は、昨年に引き続き、農林水産省補助事業「国産花きイノベーション推進事業」のうち「花き日持ち性向上対策実証事業」を受託しました。共同実施機関の一般社団法人JFTDとともに、全国の産地、卸売市場、仲卸、花店等のご協力も得て以下の取組を実施する計画です。

  1. 日持ち性向上生産管理基準の策定と認定
    28年度に基準を策定した輪ぎく、スプレーぎく、ばら、カーネーションの4品目に加え、今年度はさらに策定品目を拡大し、基準に従って生産する生産者、生産者団体を認定する。
  2. 日持ち試験の実施
    産地から花店まで一貫した流通の中での日持ち試験を実施し、課題を抽出。
  3. 鉢物の日持ち試験方法開発のための実証試験
  4. 環境制御実証試験
  5. 花店の人材育成
    「・・花シュルジュ」(仮称))の育成と認定
  6. 日持ち保証販売フェアの実施
  7. 日持ち性向上セミナーの開催
日持ち性向上実施事業 関係者ログイン