一般社団法人 日本花き生産協会

球根・切花部会と主要卸売市場実務者等との情報交換会を開催しました(東京・10月28日)

球根・切花部会では、ユリ切花、チューリップ切花の国内生産・流通及び市場動向や、海外マーケット情報、球根生産状況等について関係者間で情報共有するため、協会球根・切花会員、同賛助会員、主要卸売市場実務担当者及びオランダ球根輸出企業等総勢40数名による情報交換会を、メルパルク東京(東京都港区)で開催しました。

販売動向の統計分析発表を皮切りに、今後の展開方向について活発な意見交換が行われました。また、アイバルブ・ジャパンの金藤公夫代表からリリーアンバサダープロジェクトhttp://www.lily-promotion.jp/news/detail/id=236の取組について、オランダ球根輸出企業4社から海外マーケット等の最新動向と今年産球根の生産状況についての情報を提供いただきました。

本会は、これまで不定期開催でしたが、業界活性化を加速化するため定例化することとしました。

日持ち性向上実施事業 関係者ログイン