一般社団法人 日本花き生産協会

2020東京オリ・パラに向けたスプレーマム部会の活動がスポーツ報知紙で紹介されました

当協会の専門部会であるスプレーマム部会は、㈱第一花き(松本頼明社長)と共同で2020東京オリンピック・パラリンピックの表彰式でのビクトリーブーケの採用に向けての取組を続けています。

これまでに東京都庁・東京都議会への要請活動や、昨年の競泳アジア選手権に引き続き「第59回 日本選手権(25m)水泳競技大会/ FINA/airweaveスイミングワールドカップ2017東京大会」へのブーケ提供を行っています。また、卸売会社にご協力をいただき、種苗会社と共同で暑さに強くキレイな新品種の評価調査を行うなど、2020年に向けて多面的な活動を実施しています。

このほど、その活動の様子をスポーツ報知紙に紹介していただきました。(2017年11月14日24面)

詳しくは、こちらをご覧ください → メダルと共に花束 暑さに強い菊で復活へ(S報知)

 

日持ち性向上実施事業 関係者ログイン
JFGAスプレーマム部会