一般社団法人 日本花き生産協会

【花き生産供給力強化協議会】令和2年度農水省補助事業 生産供給体制強化事業(カーネーション栽培におけるLED光活用の実用化促進)に関する調査研究機関の公募について【公募は締め切りました】

花き生産供給力協会協議会では、近年性能が向上したLED光による補光技術による高品質花きの安定生産技術の確立に資するための調査研究を実施していただける試験研究機関を募集します。

対象品目はカーネーションです。効率的・効果的な照射時間・照射時間帯,波長別生育促進効果及び生育抑制効果の解明,技術導入による経営への影響等の調査項目について、静岡県立農林環境職業専門大学を中核機関とした共同研究方式で実施しますので、参加を希望する試験研究機関は下記実施要領を確認の上応募して下さい。応募はメールで受け付けます。

R2カーネーション公募要項

1.募集する調査研究の概要

(1)対象品目

カーネーション

(2)調査項目

1.品質向上効果の高いLED光源・照明器具の特定と生産実証技術の構築

2.LED補光の利用方法(照射期間、照射時間帯等)による生育制御・品質向上技術の検討

3.LED補光技術の導入が生育・開花に及ぼす効果の地域間比較調査

4.LED補光技術導入生産者による経営的評価

5.LED補光技術を利用した高品質カーネーション栽培経営モデルの構築

※上記課題のうち2課題以上取り組むこととし、応募申請書には当該課題についてのみ記述する。

(3)委託費

500,000円を限度とする

2.研究・調査実施期間

令和2年6月(契約日)~令和3年3月

3.応募資格

応募者は、LED光による栽培効果に関する知見を有する大学(大学院を含む)、地方公共団体の研究機関等とする。

応募者は、研究の企画・立案及び進行管理を行う能力・体制を有するとともに、研究代表者、経理責任者を設置していること。また、静岡県立農林環境専門職大学短期大学部稲葉教授を主査とする共同研究形式で実施することを了承する者。

6.公募機関数

最大2機関とする

7.補助対象経費

ア 直接経費:調査研究に直接必要な経費

①人件費:研究員等の人件費。ただし、国又は地方公共団体からの交付金で常勤職員の人件費を負担している法人(地方公共団体を含む)については、常勤職員の人件費は計上できない。

②謝金:補助事業者以外の学識経験者等に対する謝金、原稿の執筆、研究協力等に対する謝金。

③旅費:研究にかかる国内への調査旅費、検討会出席旅費

④試験研究費

ⅰ)機械・設備等

原型のまま比較的長期に反復使用ができるもので、取得価格が50万円未満または委託金額の2割未満のどちらか低い金額を限度とする。設置工事費を含む。

新たにハウス内に試験研究のための照明器具を設置する際に必要となる、分配器、タイマー、制御盤、屋内配線に要する経費。

ⅱ)借料及び損料

機械・設備・備品等の借用料等

ⅲ)消耗品費

機械・設備・備品費に該当しない物品。

ⅳ)印刷製本費

報告書、資料等の印刷・製本にかかる経費

v) 賃金

研究開発に従事する研究補助者等の賃金

vi)雑役務費

研究開発に必要な加工・試作・分析等の外注費

8.委託先機関の決定

公募期間終了後、当協議会内において委託研究先選定委員会を開催して決定したのち,速やかに応募者に対して連絡します。

 

9.問い合わせ先:

花き生産供給力強化協議会事務局 一般社団法人日本花き生産協会 髙橋 寺島

e-mail: jfga@mx3.alpha-web.ne.jp   電話:03-3663-7277  FAX:03-3668-9301

日持ちさんマークって何?
会員ページ
花き日持ち性向上対策
GPECin愛知
JFGAスプレーマム部会