一般社団法人 日本花き生産協会

東京2020大会メダリストへの副賞(ビクトリーブーケ)のデザインが決定

(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下「組織委員会」)は、11月12日(火)に記者会見を開き、東京2020大会のメダリストに副賞としてビクトリーブーケを授与することと、そのデザインを決定したことを公表しました。

組織委員会によると、ビクトリーブーケはオリンピック・パラリンピック合計で約5,000個を用意する予定で、ブーケのデザイン等を提案した日本花き振興協議会※の協力を得て作成するとしています。

ブーケの花材については、オリンピック用は、トルコギキョウ(福島県産)、ヒマワリ(宮城県産)、リンドウ(岩手県産)、ナルコラン(福島県産)及びハラン(東京都産)、パラリンピック用は、トルコギキョウ(福島県産)、バラ(宮城県産)、リンドウ(岩手県産)及びハラン(東京都産)を利用します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組織委員会プレスリリース

※ 日本花き振興協議会

花き業界9団体で「日本花き振興協議会」を設立し、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの「花でのおもてなし」を推進させていく活動を行っています。→(一社)日本花き卸売市場協会、(一社)全国花卸協会、(一社)日本生花商協会、(一社)JFTD、(一社)日本インドア・グリーン協会、(公益財団法人)日本いけばな芸術協会、(公益社団法人)日本フラワーデザイナー協会、(一般社団法人)花の国日本協議会、(一社)日本花き生産協会

 

日持ちさんマークって何?
会員ページ
花き日持ち性向上対策
JFGAスプレーマム部会