一般社団法人 日本花き生産協会

今年、「⺟の⽇」は「⺟の⽉」へ。MAY is MOTHERʻs MONTH スタート ~ “三密”・“配送の混乱”回避に~

花き業界の9団体で構成される⽇本花き振興協議会https://hananokuni.jp/(東京都千代⽥区会⻑・磯村信夫)は、このたびの全国の緊急事態宣⾔の受け、花き業界最⼤のイベントである「⺟の⽇」を、お客様の安全、花店スタッフの安全、花配送の安全、を⽬的に発信した“今年は「⺟の⽇」を「⺟の⽉」とするお願い(2020年4⽉24⽇に発表:HP参照)”をさらに徹底すべく、5⽉1⽇(⾦)より、特設サイト公開をはじめとする新たなコミュニケーションをスタートしました。

新型コロナウィルス感染予防を考慮し、5⽉10⽇(⺟の⽇当⽇)だけに集中することなく、5⽉の1ヶ⽉間に分散してお⺟さんに感謝の気持ちを伝えよう、というメッセージに加え、帰省できない若者をはじめとするすべての⽅に向けて、「会って伝えられない今だから。花で⾔葉を伝えてみよう」と呼びかけています。

さらに、「母の月」特設サイトhttps://nippon-fc.jp/hahanotsukiでは、母の日の定番フラワーであるカーネーションに加え、 お母さんに贈ってほしい、5月中下旬が旬のさまざまな花を具体的に掲載。花それぞれが持つ「花言葉」に、お母さんに伝えたい感謝の気持ちを重ね、若者の言葉に変換するユニークな試みをすることで、自分の伝えたい言葉を持つ花を選んで贈るなど、新たな「母の月」の楽しみ方を提案しています。

特設サイトには、「母の月」パターンのオリジナルの花柄をベースに、メッセージカードをはじめ、SNS投稿時に活用できる壁紙や、オンライン会議の背景にできる画像データなど、いまどきのコミュニケーションに活用できるアイテムを多数掲載しています。自由にダウンロードしていただき、今年の5月の「母の月」を、多くの方に楽しんでいただきたいと考えています。

※ 日本花き振興協議会
(一社)日本花き卸売市場協会、(一社)全国花卸協会、(一社)日本生花商協会、(一社)JFTD、(一社)日本インドア・グリーン協会、(公益財団法人)日本いけばな芸術協会、(公益社団法人)日本フラワーデザイナー協会、(一般社団法人)花の国日本協議会、(一社)日本花き生産協会

 

日持ちさんマークって何?
会員ページ
花き日持ち性向上対策
GPECin愛知
JFGAスプレーマム部会